実況中継 の検索結果:

実況中継シリーズ - 複雑なJavaScriptアプリケーションに立ち向かうためのアーキテクチャ

先日行われた builderscon tokyo 2017 にて、「複雑なJavaScriptアプリケーションに立ち向かうためのアーキテクチャ」という発表をしてきました。この記事では、そのプレゼンテーションの再現を行います。

実況中継シリーズ「Vue.jsで学ぶMVVM 非同期処理 その光と闇」 Bパート

この記事は、2017年3月4日に大阪にて行われたYAPC::Kansaiというカンファレンスで発表した、「Vue.jsで学ぶMVVM 非同期処理 その光と闇」というプレゼンの再現ブログの後編です。前編はこちらですので、前編をまだ読んでない方はぜひそちらからどうぞ。それでははじめます。

実況中継シリーズ「Vue.jsで学ぶMVVM 非同期処理 その光と闇」 Aパート

…プレゼン再現ブログ「実況中継シリーズ」を行います。長くなりすぎるので前半と後半に分けます。本日は前半のみの公開です。 導入 本日はこういう発表をします。よろしくおねがいします。 簡単に自己紹介をさせてください。さいきん会社の名前が変わって、リラクっていう名前だったのがメディロムっていう名前になったんですけど、そこで働いています。言語的にはまあだいたいこんな感じの言語で仕事や趣味の開発をしています。 Aパート 今日の発表はAパートとBパートにわかれているのですが、まずはAパート…

Re.Ra.Ku アドベントカレンダー 2016 まとめ

今年もアドベントカレンダーの季節が終わりました。 今年は弊社もアドベントカレンダーに参加しよう、と決めてから、少ないメンバーで担当を回しながら書いてきましたので、せっかくなのでリンクをまとめておきたいと思います。興味のあるタイトルがあれば、ぜひ読んで下さい。 techblog.reraku.co.jp techblog.reraku.co.jp techblog.reraku.co.jp techblog.reraku.co.jp techblog.reraku.co.jp …

実況中継シリーズ Vue.jsで実現するMVVMパターン Fluxアーキテクチャとの距離 - Re.Ra.Ku アドベントカレンダー day 13

…い。そう思い、今回も実況中継シリーズを弊社テックブログで行います。実況中継シリーズというのは、プレゼンをブログで再現するアレです。なお、実際のプレゼンは動画になってYoutubeにアップロードされております。builderscon公式サイトのセッション詳細ページからもご覧いただけますので、よろしければそちらも合わせてご覧ください。なお、先日行われたNDS#50でも再演を行いました。 Vue.jsで実現するMVVMパターン Fluxアーキテクチャとの距離 導入 本日はこういうタ…

いってきたぜ #builderscon tokyo 2016 - Re.Ra.Ku アドベントカレンダー day 5

…曜に新潟県長岡市で行われるNDSという勉強会の50回目(!)で再演を行うので、是非みなさん足を運んでください。東京駅から1h30min程度で着きます。 内容やスライドの公開はないのか、という声がちらほら聞こえてきますが(ありがたいことです)、再演が終わったあと、またこのブログで実況中継シリーズ形式で発表内容を公開させていただきますので、今しばらくお待ちください。 最後に、ほんとに最高のカンファレンスでした。スタッフよみなさんありがとうございました!来年もトーク応募するぞ!!!

React + ReduxではないSPAフロントエンド事情

丸山です。 弊社も最近はiOSアプリやAndroidアプリだけではなく、いわゆるSPAなWebApplicationを開発しています。 SPAを採用した背景 その背景には サーバーサイドで複雑なビジネスロジックを実装することになるので、サーバーサイドはScalaを利用したい ScalaでHTMLを吐いてもいいのだけれど、そういうのは動的型付け言語のほうがやっぱり楽な気がする だったらScalaでJSONを喋るAPIだけ作ろう そのAPIと喋ってwebのユーザーインターフェイス…

#yapc8oji 得票数4位トーク「あの日見たM V WhateverのModelを僕たちはまだ知らない」実況中継

…けで、受験参考書の「実況中継」シリーズ(知ってます?)方式で、プレゼンをブログで再現します。長いぞ。でも多分動画見るよりははやく読み終われる。ぜひ読んでいってください。 アバンパート 今日はこういうトークをします。 簡単に自己紹介すると、こういうものです。 息子紹介です。かわいいですね。 WEB+DB Press 91号では特集を、92号ではPerlHackersHubに記事を書かせてもらいました。もう原稿料いただいてるので、もうこれ買ってもらってもわたしには一銭も入らないん…